<< 株のブームが去ったんだって 無線不信 >>

全粒粉でクッキーを作る、仕方なしに

a0015568_1416093.jpg

小麦粉だと思って買った粉が、小麦粉は小麦粉でも全粒粉だった。きちんと袋をぷにぷに押していれば何か粒が粗いぞとか分かったかもしれん。いや、まさかデフォルトで全粒粉があんなに沢山置いてあるなんて思いもしなかったからどっちにしろ分からなかっただろう。全粒粉とは小麦粉が精製し終わってないで粉にしたもので、ふすまとか胚芽とかがまだ残っている状態なので、健康的なんだけど苦味があって、しかしかめばかむほど甘さが広がってくるもんだ。しかも今回は無謀にも粉をふる網とかがないので、ふるわないでそのまま使うことにする。経験上粉が新しければ割りと失敗しないで膨らむものである。

材料: 全粒粉150グラムから200グラム、卵MS一個、砂糖50グラム、バター100グラム

バターを練って泡だて器で混ぜてクリームっぽくする。
砂糖を混ぜて白っぽくなるまで泡だて器でかき混ぜる。
卵も入れてちょっと生地が膨らむまでかき混ぜる。
全粒粉を入れて切るように手早く混ぜる。最初150グラム入れて後から生地がちょっと粉っぽくなる分量までまぜてもいい。ただし、手早くやらないとクッキーが硬くなってしまうので、ベーキングパウダーがあるなら最初から小麦粉に小さじ2分の1程度混ぜておくといいかも。
生地を冷凍庫で10分から15分休ませる。これは手で触ったときにぐちゃぐちゃつぶれたりくっつかないようにするため。
生地が硬めになったら手のひらに適当な分量をとって丸めてクッキングシートを引いた天板にならべて180度くらいのオーブンで15分から20分焼く。このときべたべたくっつくようだったらまな板などに打ち粉をしておくとくっつかない。
表面に軽く焦げ目がついてきたら出来上がりだ。

クッキーを作るときのポイントは、ケーキと一緒で「切るように混ぜる」だ。これは要領をえるまでとても難しいけど、一回出来るようになると多分一生忘れない。下から持ち上げて落とす、本当に切るようにごむべらをボールに入れる、その間もう片方の手はぐるぐるとひっきりなしにボールを回しまくるっていうのが一番分かりやすい説明か。ろくろを持っている人はろくろに固定して作業できるとやりやすいぞ。そんな人あまりいないと思うけど。

卵とバターが分離してしまう人は、卵が冷たすぎるからだと思われる。バターと一緒に出しておいて室温に慣らしておくといい。分離しても、クッキー自体は出来るので捨てないで作ってほしい。出来上がりはちょっとぱらぱらした感じになる。

バターが硬くて泡だて器で混ざらないときは、手のひらでボウルを包み込むようにして暖めながらやればいい。火にかけると溶けてしまうのでお勧めできないぞ。最初はごむべらで練っているとちょっとずつやわらかくなる。湯煎してもいいけど、温度を調節するのが面倒くさいし、そうするとクッキーは面倒くさくて難しいっていう偏見ができてしまうのでそこまでやらんでもいい。

焼くまでの時間は15分程度でできるぞ。この分量だと大きめの天板にひとつ分くらいだ。中段で上下暖める設定がちょうどいい。焼き加減はオーブンによっても差があるので、200度くらいがいい人もいるだろう。焼きすぎに気をつけよう。それと焼けたかどうか見たくなるのは分かるけど、15分くらいは我慢してほしい。なぜなら一度戸を開けると、100度くらい一気に温度が下がってしまって膨らみに影響が出るからだ。

シンプルな子供の作るようなクッキーだけど、甘すぎなくて飽きがこないと思う。
[PR]
by yahji_sali83 | 2006-08-28 08:14 | 過去(北欧時代)
<< 株のブームが去ったんだって 無線不信 >>